Fchart バージョン履歴 (マクロの更新履歴はマクロのマニュアルに詳しい記載があります)


Ver 7.4.7  17/01/13

取得先の変更で、為替データの自動取得が出来ません。
暫定版として、必要な方は、下記ページから、
画面右側の20170113.csvなどのCSVファイルをDLし、
Fchartフォルダー内のテキストデータフォルダーへ後、
通常の株価自動追加の実行で、追加されます。

あるいは、Verup.exeの実行で更新してください。

https://www.tfx.co.jp/historical/fx/

 


Ver 7.4.6  16/11/23

1.IPO時、銘柄情報の取得が自動でできない場合のマニュアル取得の簡易化に対応。

2.チャート表示中の銘柄情報(銘柄情報、財務データ)の取得も可能。

メニューの銘柄、現表示銘柄の情報編集画面で、Yahooから情報取得を実行してください。


Ver 7.4.5  16/08/05

日経225先物の日中足(1分、3分、5分、10分、15分、20分、30分、60分足)の

取得先データ変更に対応しました。

あわせて、テキスト銘柄に含まれる上記データも訂正アップしました。


Ver 7.4.4  16/07/21

テキスト銘柄として、下記銘柄を追加しました。

1.マザーズ指数先物

2.東証REIT指数先物

3.日経225ミニ先物


Ver 7.4.3  16/07/17

米国株の取得の修正


Ver 7.4.2   16/07/16

米国株の取得

USA Yahooのページが大幅に改編されたため、

データの取得に対応しました。

新しい米Yahooのアドレス(マイクロソフトの例)

ページの真ん中辺にある、DownLoad Dataのボタンを
クリックすることで、CSVファイルとしてダウンロード可能です。

http://finance.yahoo.com/quote/MSFT/history


Ver 7.4.01 16/06/17

テキストデータとして、マザーズ指数を追加しました。


Ver 7.4.00 16/06/07

Fhartは全ての機能がフリーになりました。

Verup.exeも更新されましたので、DLしてください。


Ver 7.3.58 16/05/29

日経225、300の銘柄リストの取得先変更に対応しました。

 


Ver 7.3.57 16/05/20

1.株価データの表示に前日比に、新たに前日比(%)を加えました。

2.タブページの指標、<売買のまとめ>の新設。

<みんなの株式>ページのように、その時点の買い、売り推奨銘柄リストが載っています。
このような買い、売り銘柄をまとめて売買した後の推移をチャート化してみました。

スタート時点の株価を同じにして、その後は、変化率のみの推移になります。
反対売買時点の損益は、買い銘柄群と売り銘柄群の差になります。

HELPに説明があります。 manual.lzhを更新してください。

 


Ver 7.3.56 16/04/13

株価データ・ソースのK-DBのファイル・フォーマット変更に対応しました。

 


Ver 7.3.55 16/04/06

移動平均線のラインの太さを指定出来るようにしました。


Ver 7.3.54 16/03/26

東京金融取引所から取得している、為替データの変更に対応しました。


Ver 7.3.53 16/01/19

無尽蔵から取得している、日経225先物日々データのフォーマット変更に対応しました。

DLページにあるテキストデータで更新後、追加してください。

Verup.exe可能です。


Ver 7.3.52 15/12/28

IPO銘柄情報ページの変更に対応しました。


Ver 7.3.51 15/11/02

Yahoo USAのHistoricalデータのフォーマットが変わったので対応しました。


Ver 7.3.50 15/09/27

騰落レシオのデータは、データ・ゲット・コムのデータからしか

追加できませんでしたが、e-Dataのデータソースからも追加できるように変更しました。

 


Ver 7.3.49 15/06/01

無尽蔵データの圧縮方式が、LZHからZIPに変更になったのに対応しました。


Ver 7.3.48 15/01/08

メニューのインターネット、株価の自動取得、
Yahooからの株価取得がYahooページの機能変更で
出来なくなったことに対応しました。

とりあえず、当方では取得できることを確認しましたが、

1.取得時点の現在値のみで、出来高もありません。

2.4本値がないため、日中の現在値の取得にしか使用できません。
  終値は別のデータソースから再度追加する必要があります。

3.ストップ高、ストップ安時の画面対応はその株価が表示されないと
  対応できませんので、今回未対応です。
  ストップ高、ストップ安銘柄に付いた方は、メールを頂けると、
  対応が早くなります。

4.取得する注目銘柄の種別は、メニューのインターネット、
  <株価自動取得の詳細設定>で行ってください。

<注>取得出来ない場合は、Yahooファイナンスの銘柄検索窓に

6501,6701(CR) と入力し、表示される銘柄リストの画面が2銘柄2段
になっているか確認してください。 なっていない場合は、
画面中ほどにある、シンプルボタンをクリックしてシンプル表示に
してから、再度取得してみてください。
現在のところ、このシンプル画面を直接指定する方法が見つかって
いないので、ユーザーが設定する必要があるかもしれません。

そのほか、1日のテストなので、問題発生の可能性がありますが、
メールで通知してもらえれば、対応予定です。

support@sankayo-jp.com


Ver 7.3.47 14/11/28

東京金融先物取引所から為替情報の変更に対応しました。
テキストデータに保存されるデータも修正、追加しました。


Ver 7.3.46 14/10/14

1.メニュ、銘柄、(WEB)に、Kabutanを追加しました。
2.(WEB)MSN財務分析のリンク変更に対応しました。


Ver 7.3.45 14/09/14

ランキング銘柄のText*.lst への出力にバグがあったので対応。

注目銘柄は、市場コード順ですが、
Text*.lst(*は、1から10)ファイルで管理する銘柄は、リスト順になり、
複数銘柄表示などにリスト順が必要な時などに使用可能です。

Text*.lst銘柄は、注目銘柄の編集画面で、画面右上にあるボタンで
切り替え、編集が可能です。


Ver 7.3.44 14/03/14

株価データの取得先である、K-DBのページ構成などが変わったため、
対応しました(自動追加)。

なお、このデータソースには、日経平均、TOPIXがないため、追加されません。


Ver 7.3.43 14/03/21

注目銘柄やTextfileリストへ任意の銘柄リストから銘柄コードを抽出、貼り付けできるようにしました。

注目銘柄の編集画面で、銘柄を追加したい種別位置で、マウスの右クリック、メニューの最後のある、
<任意の銘柄リストから銘柄をコピー>をクリックします。

画面の下部に追加したい銘柄リストの画面を張り付けるか、ファイルを指定することもできます。
リストの条件は、最初の4桁が銘柄コードであることですが、下記のようなリストでも
リスト補正ボタンをクリックすることで、リスト補正することが可能です。

下記は、楽天証券のマーケットメール・夕刊にある、値上がり率上位の画面ですが、
このまま、コピー、貼り付け可能です。

WEBの画面によっては補正できない場合がありますが、そのページを連絡していただければ、
対応可能です。

値上がり率上位

銘柄 コード 上昇率 上昇幅 終値 売買高(株)
CFS 8229 + 8.51% △ 35 446 101,200
ビットアイル 3811 + 7.54% △ 44 627 1,259,000
ツガミ 6101 + 7.52% △ 41 586 3,967,000
LINK&M 2170 + 7.42% △ 1,560 22,580 3,887
ディップ 2379 + 6.06% △ 97 1,697 528,000
東京個別 4745 + 5.35% △ 22 433 470,600
スズデン 7480 + 5.30% △ 33 655 21,100
北越工 6364 + 5.18% △ 30 609 200,000
シミックHD 2309 + 4.96% △ 74 1,565 168,400
パンチ 6165 + 4.77% △ 45 987 104,300

Ver 7.3.42 14/03/13

Textfileリストの使い勝手を改良しました。

Textfileリストは、text1.lstからtext10.lstの10個あり(従来は5個)、このの特徴は、
銘柄リストでソートされないことにあります。

マクロ検索などで注目銘柄へ出力する場合は、出力後自動的に銘柄リストの順にソートされ、
複数銘柄などでの表示は、銘柄コード順になります。

しかし、Textfileリストtへ出力する場合は、出力した順になります。
マクロでの検索でも、Textfile.lstへ出力可能ですが、出来高順など、
コード順以外で表示したい場合は、銘柄出力前に必要な順にソートする必要があります。

メニューの複数銘柄表示、連続表示でも、Textfileリストの指定が可能です。


Ver 7.3.41 13/12/24

JPX日経インデックス400を追加しました。

銘柄リストタブ、メニューの複数銘柄などへ追加。


Ver 7.3.40 13/07/04

1.マクロに次に関数を追加しました。

  OrgChartMemori:=off;   //チャート目盛を非表示にします。
    SetChartMemori(-1000,5000);   //任意のチャート目盛を表示します。

  詳しくは、マクロのマニュアルをご覧ください。 
    マクロの編集画面で、関数名を入力し、F1キーを押すと、マニュアルの該当項目が表示されます。

2.データ画面の指数で、IdoR(異動平均の変化率)のデータの表示を追加しました。

3.その他、細かな不具合を修正。

 


Ver 7.3.39 13/05/12

Win7,8の64Bitユーザーのみです。

2013/05/07の週から、Win64でインターネット接続で、Wininetが使用できなくなりました。
そのため、株価取得の一部でアクセス方法を変更いたしました。

関係個所 Win64Bitのみで下記の自動データ取得の場合、
あるいは、Win64Bitで、データの自動取得に不具合がある方は試してみてください。

1.無尽蔵株価、先物時間データ
2.K-DB株価データ


Ver 7.3.38 13/04/09

USA, Text銘柄の取得先変更に対応。

USA銘柄、テキストデータを更新しました。 一部欠落があります。


Ver 7.3.37 13/03/28

1.USA Yahooのページフォーマット変更に対応しました。 USA株価も更新。
2.複数銘柄表示で、一部不具合を修正しました。

Win7,8の64Bitは、互換モードで実行してください。


Ver 7.3.36 13/03/22

Yahoo株価で複数銘柄の同時取得が可能となったため対応しました。
メニューのインターネットで下記の実行が可能です。

Yahoo株価取得(注目銘柄、現在値、株式のみ)
Yahoo株価取得(全銘柄、現在値、株式のみ)

1.この実行はバックグランドで行うため、取得中、他の操作が可能です。
2.Yahoo株価は、リアルタイムになっため、上記を実行することで、
  場中に随時現在株価でローソク足表示が出来ます。
3.注目銘柄の指定は、株価の自動追加画面の詳細ボタンで行います。
4.全銘柄でも6分程度(FLET'S光40M)なので、注目銘柄だけなら
  それほどストレスなく使えると思います。
5.Yahoo株価の終値追加時、テキスト、USA株を同時に追加する場合は、
  株価の自動追加の画面から、Yahoo株価を選択して実行してください。
6.Xp, Vista, Win8(互換モード)でテストしました。


Ver 7.3.35 13/03/14

Yahooの場中、リアルタイム株価取得の変更に対応しました。

メニューのインターネット、Yahoo注目銘柄のリアルタイム株価取得


Ver 7.3.34 13/02/15

1.複数銘柄の表示中、エクセルなど他のアプリを重ねて表示した際、表示中の複数銘柄の
  内容が変わるバグを修正。

2.画面のローソク足を左に1本移動機能を追加
  (メニューのチャート、ローソク足左移動)

  この機能は、チャート上部にある、スピードボタンの<位>で、チャートの表示位置を指定後、
  ローソク足を左右に1本づつ移動して、チャートを表示する機能です。
  指数の変化を見ながら、チャートの転換を予想したいときなどに使用。

3.複数表示の一部(F,G)がブックマーク銘柄になっていたのを修正。

4.メニューの銘柄、銘柄リスト編集(テキスト銘柄リスト)

  下記、7.3.33で説明した、Text?.lstで管理する銘柄を、上記のメニューの画面から
  出来るようにバグを修正しました。


Ver 7.3.33  13/01/04

注目銘柄の表示順について

注目銘柄は、注目銘柄の編集画面終了時、リストの性格上、市場、コードの順で
自動的にソートされます。 複数銘柄などの表示順もソートされた順序です。

どうしても、ユーザーの設定した銘柄順で表示したいという希望があったてめ、
下記の方法で行えるようにしました。

注目銘柄の編集画面で終了時、ポップアップメニューから、Text1.lst - Text5.lstへ
必要な注目銘柄を保存し、このText?.lstファイルを使用することで、任意の銘柄順に
することが可能です。 なお、Text?.lstはテキストファイルなので、メモ帳などでの
編集も可能なのでこちらもお勧めです(エクセルでの編集は不可)。 

表示は、メニュー、複数銘柄、銘柄リスト(Text?.lst)で選択。

詳しい説明がFAQページの<注目銘柄の管理>にもあります。


Ver 7.3.32  12/12/18

決算データの企業による今期予想データの取得画面が変更になったため
対応しました。

メニューのインターネット、決算データの自動追加


Ver 7.3.31  12/10/03

K-DBの株価は、東証1,2部のみでしたが、全データを1本のファイルへ
まとめたファイルが見つかったので、対応しました。 

http://k-db.com/site/download.aspx

マニュアルの場合は、上記ページの再下段にある下記ファイルをDLします。
ファイル名は、ex. 2012-10-03_all.csv などです。

k-db.com/site/download.aspx?p=all&download=csv←こちらで最新日の指数・先物・個別株全銘柄の日足データを一括取得できます。

k-db.com/site/download.aspx?p=all&download=csv&date=2012-10-02←日付指定で取得する場合はこのようにアクセスしてください。

マニュアル、自動追加とも可能です。


Ver 7.3.30  12/09/28

株価データの取得先である、K-DBのHP変更に対応しました。

1.マニュアル追加(ユーザー自身が下記から1日毎のデータをDLし追加)、
  と自動追加が可能です。

http://k-db.com/site/download.aspx


2.このデータソースは、東証1,2部のみのでーたしかありません。
  日経平均、TOPIXもありません。


Ver 7.3.29  12/09/20

Fchartを作成してかなりの年数が経ちました。
当初、スピード処理などを考えて、最大データ数は10,000個もあれば、
十分だろうと思って設計しましたが、今日、この数値が上限に達したとの
メッセージが出ました。 忘れていたのでちょっとびっくり。
(10000個/250個年)=40年分です。 最大の銘柄で40年分のデータです。

無制限にも出来るのですが、暫定措置として、5年はもつはずの
数値に変更しました。 上記のメッセージが出た方は、
Fchart.lzhをDLして、そのまま上書きするか、Verupを実行してください。


Ver 7.3.28  12/09/13

Yahoo株価が8月以降株価がリアルタイム対応になったで対応しました。

1.データの取得時間が少し増えました。 当方で約30分程度(光37Mで)。

2.せっかくリアルタイムになったのと、全銘柄取得には時間が掛かるため、
  任意の注目銘柄のみでリアルタイムデータを取得し、ロウソク足に
  表示する機能を追加しました。ファイル名は常に、YahoData.csvです。

3.これらの機能をユーザーツールバーへ登録することで、ワンタッチで
  操作が可能です。設定は、メニュー、設定、ユーザー・ツールバー・キーの
  カスタマイズです。

4.Yaooデータの出力フォーマットは、Yahoo独自フォーマットと、
  無尽蔵フォーマットの二つです。
  これら出力ファイルはテキストなので、詳細はファイルをご覧ください。

5.各種設定は、メニューのインターネット、株価・日々データの自動追加、
  詳細設定で行います。

6.GetData.exeの使い方

  Yahoo株価を取得して、無尽蔵フォーマットで保存するソフトです。
  Fchartのマニュアル・データ追加でも無尽蔵データとして追加可能です。
取得する株価は現在株価です。 日経平均、TOPIXには出来高がありません。
出力ファイル名(Ex):T120830.csv

  引数に、AUTO を指定することで、Windowsのタスク・スケジュールで日にち、
  時間を指定して、自動起動、終了動作を実行することが出来ます。
AUTOを指定しない場合は、通常の起動画面になります。


Ver 7.3.27  12/08/17

1.Yahooのページがリアルタイムになったのに伴い、ページも変更になったため、
  株価の自動取得からYahooを削除しました。
  別の方法で再取得できるか検討中です。

2.上記に伴い、日経先物、TOPIXの先物変更に対応しました(取得は可)。


Ver 7.3.26  12/04/07

1.ETF銘柄が増えてきましたので、銘柄リスト画面のETF銘柄情報を追加しました。

2.業種別データが一時の不調で壊れましたので、修正しました。

 


Ver 7.3.25  12/04/05

Yahoo USAのHP変更に対応しました。

米国株データが、4月以降取得出来ない場合は、試してください。


Ver 7.3.24  12/03/30

無尽蔵さんの御好意で日経225先物の日々データがアップされたので対応しました。

1.一度過去データの取得が必要ですが、後は毎日自動で日々データの追加が可能です。
  (メニューのインターネット、日経225先物日々データの追加)

2.このデータは、1日2回更新されますが、複数回の実行でも、一日に一度だけでも、

  必要なデータチェックを行いますので、OKです。 
  下記時間は遅れることもありますので、その際は、無尽蔵HPをチェックしてください。

3.日々データの追加は早いので、1分足から60分足まですべてのチェックもOKです。

4.銘柄情報は、Fchart.lzhに同梱した、Textfile.lstへ追加済みです。

日中データー : 午後4時00分頃
夜間データー : 午前9時00分頃  


Ver 7.3.23  12/03/20

無尽蔵HPで提供されている日経先物1分足に対応しました。
メニューのインターネット、日経225先物データの自動取得。

<出来ること> この操作には、エクセルのインストールが必要です。

1.日経225先物、日経225miniファイルをDLし、エクセルファイルを作成します。
2.エクセルファイルから、各シートにある、下記のCSVファイルを作成します。
  (下記ファイルはユーザーにより選択可能)

NKS1-1M.csv   1分足(1月ー4月)
NKS1-2M.csv   1分足(5月ー8月)
NKS1-3M.csv   1分足(9月ー10月)
NKS1-4M.csv   1分足(11月ー12月)
NKS3-1M.csv   3分足(1月ー6月)
NKS3-2M.csv   3分足(7月ー12月)
NKS5M.csv       5分足
NKS10M.csv     10分足
NKS20M.csv     20分足
NKS30M.csv     30分足
NKS60M.csv     60分足

3.225miniはファイルの後ろに、m(アスキー小文字)が付きます。
4.フォルダーは、テキストデータフォルダー固定です。
5.上記のファイル名をテキスト銘柄リスト(Textfile.lst)へ追加することで、チャート表示が可能になります。
6.データの追加画面からHELPへジャンプできますが、HELPファイル(Fchart.chm)の更新が必要です。
7.毎回、1年分のファイルをDLし、csvへ変換するので、データが多いと時間が掛かります。
    30分足、60分足などはデータが少ないので早くお勧めです。


Ver 7.3.22  12/01/24

1.メニューのマクロの最下段に下記項目を追加

  シミュレーション取引履歴
  シミュレーション損益図

  これは、マクロのシミュレーションを実行時、チャート内で取引があれば、
  その取引内容と損益をグラフ表示するものです。 10年などの長期の
  バックテストは、従来どおり、マクロのバックテストを使いますが、
  短期の簡易的なチェックが可能になります。
  このメニューは、ユーザー・ツールバーへの登録も可能なので、
  必要により表示を切り替えて使ってください。

2.メニューの短期サインから、短期サインの検索を削除しました。

  以後、短期サインなどの検索は、マクロの検索を使ってください。 


Ver 7.3.21  11/12/19

1.企業決算データの取得先および取得データの変更に伴い、
  取得時間が少し軽くなったため、公開しました。
  メニューのインターネット、決算データの自動追加です。
  データの取得には、光通信のスピードで2時間ほど掛かります。
  なお、同じデータがDLページにもあります。

2.マクロの検索、バックテストの表示、履歴の不具合を修正しました。


Ver 7.3.20  11/11/07

1.チャート画面上部の銘柄情報欄、資本金の表示を時価総額へ変更。
2.メニューのテクニカル、簡単検索とランキング中、検索条件の企業規模を
  時価総額へ変更。 検索条件で、時価総額を指定することが出来ます。


Ver 7.3.19  11/10/07

週足、日足などのチャートに同時2画面を表示後、Fchartを終了後、
再起動すると日足1画面のモードに戻していましたが、
これを再起動後も、2画面、3画面モードを維持して表示再開する
ように修正しました。


Ver 7.3.18  11/08/25

マクロの関数に、RefreshChumoku関数を追加。

マクロ内で注目銘柄の解除、設定などを行った際、
この変更をメニュー(Popup含む)や各注目銘柄リストへ
反映させるための関数です。
従来は、一度Fchartを終了、再起動する必要があります。


Ver 7.3.17  11/08/03

マクロの関数に、nikkei225関数を追加。
引数で指定する銘柄コードが日経225ならTrue(1)を返す。

使い方

nikkei225(6701) or nikkei225(code)


Ver 7.3.16  11/07/03

フィボナッチの操作性を改善しました(下記の説明はFAQにも記載されています)。

使い方

1.デフォルトでは株価などが未設定です。
2.メニューの指数、フィボナッチをONにします。
3.チャート画面上でマウスドラッグで株価位置を指定します。
  上昇トレンド中の戻り位置を確認する場合は、マウスで
  上昇開始位置から上昇終了位置までドラッグします。
  下降トレンド中の場合はこの逆です。
  ラインは、ドラッグの開始、終了の株価から
  38.2、50.0、61.8%の位置にラインを引きます。
4.ユーザー・ツール・バーへフィボナッチの新規、削除を登録することで
  使いやすくなります。


Ver 7.3.15  11/05/30

今さらですが、ユーザー・ツール・バーの項目を
マウスのドラッグ&ドロップで移動できるようにしました。


Ver 7.3.14  11/05/12

メニューの銘柄へ、WEBページの直接ジャンプへYahooみんなの株式を追加。


Ver 7.3.13  11/03/09

財務分析ページに下記情報ページへ直接ジャンプできるようにしました。
また、メニューの銘柄からもクリック可能です。

1.Infoseek企業レポート

2.MSN財務分析

3.Yahoo掲示板

4.Googleニュース検索

5.GoogleWEB銘柄検索

 


Ver 7.3.12  11/02/22

テキストデータの取得先ページが大幅に更新されたため、
対応しました。 テキストデータも更新しましたが、2月16日−17日の
データが取得できず、欠落した銘柄があります。


Ver 7.3.11  10/12/12

新値足のマクロによる検索を可能にしました。

1.マクロの検索は、メニュー、マクロ、マクロによる検索で行います。
2.結果の確認は、下記マクロをマクロのシミュレーションに登録し、
  メニューのチャートで新値足を設定後、検出銘柄をチャートに
  表示することで可能です。

/--------------------------------------- 
/ 新値足 銘柄検索
/---------------------------------------
SisuName:=新値足;
Var ;
begin
  /買い
  if SinneAshiYo then BuyDoten;
  /売り
  if SinneAshiIn then SellDoten;
end;


Ver 7.3.10  10/09/28

権利落ち(分割)データの取得先変更に伴う修正です。

バージョンアップと同時に、2008, 2009, 2010年分の
株式分割情報をチェック修正しました。

Fchart.lzh同梱の Kabu.lst, Kenri.ini をDL,上書きしてください。

 


Ver 7.3.9  10/09/26

複数銘柄表示へ、米国株、ETF、REITを追加しました。
メニューの複数で選択実行。

ユーザー・ツール・バーへも追加可能です。


Ver 7.3.7 / Ver 7.3.8   10/09/21, 10.09/24

米国株データの取得先である、USA Yahooのレイアウトの変更に対応しました。


Ver 7.3.6 10/09/01

1.米国株データの取得先である、USA Yahooのレイアウトの変更に対応しました。
2.メニューのインターネット、インターネット接続で、デフォルト接続先を下記に設定しました。

メニューのインターネット、インターネット接続の設定でデフォルト設定が可能です。
また、この接続は、ユーザーツールバーへ登録し、ワンクリックでも実行可能です。

  1.日経
  2.yahoo
  3.Infoseek
  4.Searchina
  5.各銘柄企業のホームページ


Ver 7.3.5   10/05/23

米国株データの取得先である、USA Yahooのレイアウトの変更に対応しました。

0005.hk.csvデータ修正。


Ver 7.3.4   10/04/21

米国株データの取得先である、USA Yahooのレイアウトの変更に対応しました。


Ver 7.3.3   10/04/01

1.商品先物データの廃止。 
  商品上場投信が30本を超えて、取引が可能になったことを受けて、商品データの
  所得、表示などを停止することにしました。

2.メニューのインターネット、企業決算データの自動取得を停止しました。
  取得先のデータ変更によるものです。
  以後の業績、決算データ、ダウンロードページへ当方がアップするデータのみになり、
  ユーザー自身でのデータ取得、追加は出来ません。
  ダウンロードページへのデータアップは、月初と月の半ばあたりの、原則として、月に
  2度程度になります。


Ver 7.3.2   10/01/13

年度変更に伴う、Hozumiさん、ashさんの信用データ追加出来ない問題に対応。


Ver 7.3.1   09/12/22

Ver7.3の変更に伴い、株価の桁を指定する桁ファイルを不要としました。
以後、従来あった、***.ketファイルは、同梱されません。

これにともない、一部の追加修正を行いました。


Ver 7.3   09/12/19

各データソースの違いを吸収するために、株価データの桁調整していましたが、
修正の必要性がなくなったため、下記銘柄の株価桁を提供データ通りに修正
することにしました。

2914,日本たばこ
4676,フジ・メディ
4680,ラウンドワン
4722,フューチャー
4762,エックスネッ
4763,クリーク・ア
4764,デジタルデザ
6324,ハーモニック
6888,アクモス
7618,ピーシーデポ
8263,ダイエー
9020,JR東日本
9021,JR西日本
9022,JR東海
9432,NTT
9433,KDDI
9436,沖縄セルラー
9437,ドコモ
9438,エムティーア
9439,ビーアイジー
9613,NTTデータ
9861,吉野家H


Ver 7.2.41   09/10/23

商品先物データの価格変更に対応


Ver 7.2.40   09/09/21

ワイド画面など一部で、画面を拡大、縮小した際、ユーザー・ツール・バーの表示が、
乱れるケースを修正。


Ver 7.2.39   09/08/01

メニュー、銘柄、テキスト銘柄リストの改定を行いました。
テキスト銘柄リストへ銘柄を登録ことで、複数銘柄表示などが可能です。

注目銘柄などは、銘柄リスト順になってしまいますが、テキスト銘柄リストは、
そのままの順で表示されます。

また、マクロ例に、検索結果をテキスト銘柄リストへ出力し、
複数銘柄表示が出来るサンプルを追加しました。


シミュレーション・検索マクロサンプル : 売買高によるソート


Ver 7.2.38   09/07/09

Verup.exe更新。
Verup実行時、一部でエラー表示が出ることに対応。
上記更新に伴う、自動化対応。


Ver 7.2.37   09/06/19

マクロ関数に、snSinyoData, snLastDataNo関数を追加。


Ver 7.2.36   09/06/08

日経225、TOPIX先物データの取得先が提供を中止したため、

取得先を変更しました。


Ver 7.2.35   09/05/28

1.商品先物データの取得先ページ変更に対応。

2.企業データの取得先ページ変更に対応。


Ver 7.2.34   09/03/31

商品穀物データの取得ページ変更に対応しました。

併せてデータも更新しました。


Ver 7.2.33   09/03/14

Yahooの投資信託ページの変更に対応。
テキストデータも変更しアップしました。


Ver 7.2.32   09/02/03

Yahooのページ変更による、株価の自動取得と株価ボードの不具合に対応しました。


Ver 7.2.31   09/01/24

1.実行条件に、MashiGyokuを追加。
2.マニュアルに、<取引関数の使い方>を追加。


Ver 7.2.30 09/01/11

株式分割時、出来高も過去に遡って、分割比分増減できるフラグを追加。
メニューのフラグ、権利落ち出来高の修正表示(デフォルト=true)。


Ver 7.2.29 09/01/08

1.テキストデータ(為替)のレイアウト変更にに対応。
2.マクロに株式分割チェック用関数、Bunkatuを追加。
3.マクロ検索、バックテストのデータ読み込みのスピードアップ。


Ver 7.2.28 09/01/05

商品先物、GMO大豆のレイアウト変更に対応。


Ver 7.2.27 09/01/04

マクロの銘柄検索、バックテストに日足、週足、月足区分を追加。
従来は、画面表示中の足区分をそのまま使用。


S.I.G(エスアイジー)
Copyright © 1989 [S.I.G]. All rights reserved.

Top